「ちょす」
この言葉、何の意味かわかりますか?

はい、正解。
オードリー春日の「チョース!」 です。

ではありません!

「ちょす」は津軽弁です。
意味は「触る」とか「いじる」、「かまう」「からかう」とかそんな感じです(←いろんなニュアンスが含まれているので一つの行動に限定できません・・・・)
津軽地方だけでなく、北海道だったり、新潟だったり、雪国圏で使われている
言葉でもあります。

方言を忘れることはありませんが、東京に居ると独特の言葉を話す必要がないため、地方に帰っても自らコアな方言は使わなくなります。
でも最近、地元と東京の行き来が増えた為、また方言に魅了されているのですが、この「ちょす」を、ゆっくり 「ち」・「ょ」・「す」、「ち ょ す」と声に出して言っているとなんでこれで「触る」っていう意味になるわけ?と笑ってしまいます。

姪っ子がよく私の両親(特に母)の津軽弁を聞くと「おばあちゃん、面白い」とゲラゲラ笑いますが、きっと彼女もこの独特の津軽弁が面白くてたまらないのでしょう。

方言に限らず、身の周りにある言葉をゆっくり言ってみてください。
ほんとうにゆっっっくりと、ですよ。
結構面白いことを発見します。

言葉ってすごいです。

Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
<<南青山MANDALA LIVE(10/17) | ありがとうございます。 >>
BLOG CATEGORY
BLOG ARCHIVES
SITE MAP