体は楽器
『私の体は楽器』
ここ数年、感じていること。

歌を練習する際に自分の体と向き合う。
声帯がどんな状態になっているかイメージするだけで声が出やすくなったり、首が前にでているからうまく声がでなかったり、立ち方ひとつでも様々な声色を知ることができる。
つくづく、体は楽器だと感じます。

先日、XUXU(しゅしゅ)さんというアカペラ・カルテットのライブを友達に誘われて行ってきました。
アカペラのカルテットを聴くのは初めてでしたが、オリジナル・カバー曲共にXUXUさんの個性がギュッとしまった独特の感性の素晴らしさに感動しました。
そして色々な刺激も受けました。
4人それぞれが、いろいろな声色を出し、そのハーモニーが奏でる音は4人分ではなく、8人にも12人もなる。
日頃から1人で歌っているので、初めて聴くハーモニーに、その音は誰がどうしてて・・・と無意識に分析していたのですが途中から訳がわからなくなり、結果、考えることを忘れ聴き惚れていました(笑)
すごいです。

自分はこれからどんな音を奏でられるだろう、奏でたいんだろう・・・そんな想いをめぐらせながら週末はたっぷり作曲に勤しみたいと思います。

Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
<<ワンフレーズを募集中 | 秋の夜長に >>
BLOG CATEGORY
BLOG ARCHIVES
SITE MAP