虹色の世界へ
前から3列目の一番左側・スピーカーすぐそば。
私にとって願ったり叶ったりの座席で、舞台『虹色の輪舞曲~ロンド・デュ・ラルカンシェル~(8色のオクテット・8枚の金貨)』の男性ヴァージョン初日公演を観てきました。
この舞台では2曲提供させていただけでなく、メインテーマとなる曲もツインで歌わせていただき、シナリオを読ませていただいた時から曲とどう絡みあっていくのかが非常に気になっていました。

めまぐるしく展開されるステージ、それぞれの色が発する言葉は時に哲学的だったり、現実の世界に共通している心境だったり、人の表と裏だったり・・・様々な心境の変化を受け入れているうちに、私も虹色の世界にはいりこんでしまいました。
ハッと気づいたらもうエンディング。面白い。
そして、肝心の曲はといいますと、提供させていただいた「道なき道」は当初2分程度使われる予定が、なんと全部流れていました。4分30秒。曲の終わりと同時に場面も次の展開へ変わり、素晴らしいタイミング!
曲と演技が溶け込む瞬間はなんとも言えない感動があります。また、他の作家さんの曲もじっくり聴くことができてとても貴重な体験をしました。
今回は男性ヴァージョンしか観ることができないのですが、女性ヴァージョンは「WALTZ」が使われているのです。他にも曲の用い方が男性とは違うとのこと。うーん、これは残念!聴きたかった!(涙)

ということで、もし女性バージョンを観た方は是非感想を教えてください♪
25日~29日(日)までのあと少しの期間ですが、機会が合えば足を運んでみてはいかがでしょうか。日常からフッと違う世界へいけると思いますよ(^-^)

Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
<<南相馬~百花万彩写真展~ミニライブ | 『虹色の輪舞曲』 ~いよいよ公開~ >>
BLOG CATEGORY
BLOG ARCHIVES
SITE MAP