誰かの願いが叶うころ
今日は久々に、音楽とはまったく関係のない仕事の話をしたいと思います。
私が携わっている音楽以外の仕事で、できるならこれは避けたいと思っているものがありました。ちょうど4月からの仕事についていろいろ調整される中、その避けたいと思っていた仕事の話が私のところに舞い込んできました。
それは誰かが断った仕事。
私なりに考えて引き受けることにしたのですが、一番の理由は誰かがやらないと小さな枠の中でぐるぐるタラいまわしになるから。
誰かがやらないとまた同じように誰かにその仕事の話がいくわけです。エンドレスに・・・
少し気持ちが落ち込んだのですが、その時、宇多田ヒカルさんの「誰かの願いが叶うころあの子が泣いてるよ・・・」が浮かび・・・あの詞とはストーリーは違いますが、世の中ってこういうことがいっぱい重なってできているのかもと改めて思いました。
落ち込む中でその歌がBGMで流れるのですから、私の中ではたいしたことはないのでしょう(笑)
恋愛だったら振られる人がいて、告白される人もいる、かな。
そういういろんな重なりの中で、その人が進むべき「道」が見えてくるのかもしれません。

日々がんばっているみんなを心から応援してます。
がんばった分、きっとたくさん笑える。

Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
<<春へむけて♪ | 【3/5】南青山MANDALAライブ Piano DUO! >>
BLOG CATEGORY
BLOG ARCHIVES
SITE MAP