『だくだく』
普段からPC画面を見ることが多い私は、電車など移動中はなるべく本を読むようにしています。
出かける時の気分に合わせて何を読むかピックアップするのですが、最近手にした本で、車中1人でニヤッと笑ってしまったのが古典落語「だくだく」という物語。

ちょっとだけ解説をすると、家財道具一切を古道具屋に売ってしまったとある男が、せめて物持ちになった気分を味わおうと、知り合いの画描きに頼んで壁じゅうに家具の画を書いてもらった。そこに泥棒が入りこんだのですが、この泥棒、このまま帰ったのでは面白くないと、金庫をあけたつもり、一億円ばかり盗んだつもり・・と1人芝居を始める・・・・

と、こんなストーリーから始まるのですが、その「~したつもり」というのがなんとも面白い。
ちょっとした想像力の世界。
日常生活の何気ない事も、想像力を働かせるだけで楽しさが何十倍にもなります。
最近、ワクワク・ドキドキが少し足りなかったかも、とだくだくを読んで気づき、早速日々の生活に想像力のエッセンスを入れるようにしました。

想像力のエッセンス、お薦めです♪
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | カテゴリ: 日記
<<5月?! | 癒しをどうぞ。 >>
BLOG CATEGORY
BLOG ARCHIVES
SITE MAP